我が子に教えたい葉酸サプリ

ビタミンB群のひとつである葉酸は、ほうれん草あるいはブロッコリーなどにふくまれている事で有名ですね。

妊娠前から妊娠3ヶ月ごろまでの妊婦さんにとって、特に摂取を心がけてほしい栄養素で、十分な摂取が、胎児の先天異常のリスク(会社経営などではしっかりとマネジメントすることが大切です)を低減したり、あるいは流産の可能性を下げる効果が認められています。

厚生労働省の発表によりますと、妊娠の初期の段階で1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。食材だけで摂取することが難しいと考える方は、葉酸のサプリを利用するのが大丈夫です。
妊娠ひと月前から妊娠初期段階の妊婦において最も大切な栄養素が葉酸だという事をご存知ですか?胎内の赤ちゃんがより健やかに成長するようにも、葉酸サプリメントで補いながら、十分に葉酸を摂取するように心がけてちょーだい。厚生労働省の推奨では一日当たり0.4mgと発表されています。

これだけの葉酸を野菜だけで摂ろうとするとあまり現実的ではありません。

ですから葉酸サプリを利用することをおすすめします。
一般的に、妊娠してから専門家による栄養指導を学んだり、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いでしょう。多くの方が、そうした機会に、葉酸のはたらきと葉酸を多く含んだ食品を学ぶと思います。

一般的に、葉酸を多く含む代表的な食べ物としては、レバーを挙げることが出来ます。

または、ほうれん草などの野菜も、葉酸を多く含んだ食品の一つです。

実際に食材から葉酸を摂取しようと考えた場合、いくつかの注意点があります。

葉酸は加熱すると溶け出てしまい摂取しにくいという葉酸の性質を理解した上で、葉酸の摂取量を考えていただけたらと思います。不妊に効果のある食べ物というと、おとうふや納豆、魚等があります。
卵、ブロッコリー、ごまといった食材のほか、好き嫌いは分かれますがレバーにも大切な栄養素がふくまれていますから、毎日の食事でとっていきたいものです。しかしそればかり食べれば良いというわけではなく、多くの食材から栄養をとるのが理想であることは間ちがいありません。

逆に、妊娠を妨げるような食品(飲料)は避けたほうが無難です。葉酸は胎児の成長に寄与する重要な栄養素の一つで、普段の食事から摂取する以外にもサプリを利用するのが、最もポピュラーですね。いつまでサプリを飲みつづけるのか、という問題ですが、正解は「妊娠前から授乳期の完了」までの期間だといわれているのです。葉酸が最も不足しがちなのは、妊娠初期から3か月目までだというのが、よく耳にすると思いますが、母体の健康維持を考える上でも重要な役目をしています。

ですので、妊活の時点から早めに葉酸サプリを活用して、赤ちゃんへの授乳が終わるまでをサプリによる葉酸の補給期間とすることが、最も適切だと考えられます。一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、小松菜、菜の花などの青菜と呼ばれるものが該当します。

妊娠が発覚してから、可能な限り早く、これらを摂取するようにしましょう。葉酸の適切な摂取は先天異常の発症リスク(会社経営などではしっかりとマネジメントすることが大切です)が抑えられるらしいのです。
とはいえ、毎日数多くの野菜を摂取するのは大変でしょう。

そんな時には他の食材で補っても構いません。

たとえば納豆やホタテといった貝類も、葉酸を多く含んでいる食材ですので、こうしたものを摂取するのをおススメします。友達の話ですが、彼女が妊活をしている時によく粉薬のようなものを飲んでいたので、何かときくと漢方だと教えてくれました。彼女が言うには妊娠しやすい体質づくりのために、漢方を服用していたそうです。漢方なら、妊活中でも安全に服用できると思います。

彼女が飲んでいた漢方が効いたのか、赤ちゃんを授かりました。ずっとがんばっていたので、みんなでお祝いを計画しています。
一度流産を経験しました。

しばらく経ってから、やっぱりコドモが欲しいと思い、妊娠を考えて行動するようになりました。

妊娠しやすい体になることを目的に、以前から冷え症に悩まされていた私は、運動で体の調子を整えることにしました。結果は、意外と上手にいきました。新陳代謝が上がったため、基礎体温があがって、冷え性も良くなったので、本当によかったです。