初心者による初心者のためのインプラント入門

インプラント治療を始める前に治療にかかる費用は気がかりでしょう。実際のところ、費用の総額は統一されておらず、歯科医院によって差があると考えるべきです。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に決められるのが建前です。大まかな相場はありますので、心配しないでちょうだい。

インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場です。
インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、ケアはそこで終わりではありません。

治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。

正しい方法を歯科で教えてくれるので、毎日欠かさずおこなうようにしましょう。

治療技術が進歩しても、結局大切なのは自分自身でのケアなのです。
さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、何か異常が起きていても、中々自分では気付けないことがあります。自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診をうけるようにしましょう。

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてちょうだい。

とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらの病気を完全に治す問題が生じます。

美容整形(必ずしも満足できる結果に終わるとは限らず、何度も繰り返す人もいるそうです)で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもインプラント治療のリスクが増大します。こうした病歴があっても、直ちに絶対治療できないとは言えません。

きちんと歯科医に相談することが大切です。

年々進化をつづけるインプラントの技術。近頃では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。
埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。
これは担当歯科医の技量の低さが要因になります。
技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科医を選ぶことが大切だといえるでしょう。

「インプラントって差し歯とは何がちがうの?」という質問はよく訊かれます。読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。さて、そこでインプラントですが、これはチタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するというものです。

歯を丸ごと抜いてしまった時でも、利用できるのがインプラントの強みです。
歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、極力安静を保って過ごすのが無難です。力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、日常生活以上の負荷がかかる運動は控えることが望ましいです。

血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。
日常的に運動をつづけている方なら、再開する時期を、歯科医と話し合って共通理解しておくことをすすめます。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術後しばらくの間、患者さんは人工物を入れられた違和感を感じています。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてじっと耐えてちょうだい。しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、その原因を究明し、対応することがもとめられます。指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってちょうだい。
歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きなちがいは、ご自身の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部を支えとしてのこすことができればご自身の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

これに対し、抜歯した後は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他になくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶことも出来ます。